本文へスキップ

茨木市元町のクリニック。茨木診療所です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-624-3977

〒567-0882 大阪府茨木市元町4-16

ドクター安達のおたよりSeries

『保護者と学校の先生に伝えたい、食物アレルギーの基礎知織』

監修 小林陽之助 編集 兵庫食物アレルギー研究会

今月は、私が20年ほど前から参加している兵庫食物アレルギー研究会が発行した『保護者と学校関係者に伝えたい食物アレルギーの基礎知識』の紹介です。

兵庫食物アレルギー研究会では病院や診療所で働く小児科医が集まり、日常診療でお母さん方からお受けした、食物アレルギーに関する様々な心配事や悩みの情報を交換しあっています。

その交流の中で、特に「食物アレルギーの子どもと学校生活」に焦点を当てた本書が企画されました。

本書には、食物アレルギーの子どもが園・学校生活を送るうえでの知識が満載されているとともに、2つの特徴があります 。  

一つは、お母さん方の生の疑問にお答えする視点で書かれていることです。
学校の先生とよい関係をつくるためには、正しい医学情報とそれを適切に伝える方法が必要です。
本書には、お母さんの疑問にお答えする情報が網羅されています。  

二つめに、お母さんにもわかりやすいように、できるだけやさしい言葉で書かれていることです。
専門用語をなるべく少なくして、一般の方にもわかりやすい言葉で説明するように心がけました。  

食物アレルギーの子どもが、安心して豊かな学校生活を送るためには、多くの人が食物アレルギーの理解をもたれることが大切です。
本書が理解の幅を広げ、食物アレルギーの子どもの応援団を増やしていく一助となれば幸いです。  

診療所の待合室に本書を展示しています。  
定価2200円(+税)を受付にて特別価格2000円)で販売しています。
ご希望の方は診療所受け付けにてご購入ください。


健康ひと口メモ

第4回 膝の痛みを和らげるライフスタイル

『こんな人は 要注意』

健康

骨密度が低い人

健診のとき、骨密度測定を受けましょう

高齢の人

高齢になると関節の軟骨がすり減ったり、変形したりする。
筋力が低下し、ひざ関節への負担が大きくなる。

女 性

男性と比べて、ひざの筋肉が弱い上に、日常生活でしゃがむ姿勢が多い

肥満の人

膝にかかる負担が大きい

スポーツや農作業などの仕事をしている人

ひざを酷使しがちで、ふつうよりもひざへの負担が大きい。

『ひざ痛の予防は 暮らしの改善から』

●体重が1kg増えると歩くときの膝への負担は、約2~3kg、走るときは約8kg余計にかかる。
適正体重を知って正しく減量することが膝痛予防にも大切です。

負担をかけない姿勢の工夫が大切です。
立つ時はあごを引いて背筋を伸ばし、足の親指に体重をかける。

●ベッドやイスを利用し、洋式の生活を取り入れる。

●筋力アップ運動を継続する。

●柔軟性を高める運動は、ひざ関節周囲の柔軟性を高め、痛みを和らげる。

●足首を動かすことも柔軟性向上に役立つ。

●柔軟性を高める運動として、湯船の中での正座も効果的と言われている。

茨木診療所 所長
安達 克郎


茨木診療所

〒567-0882
大阪府茨木市元町4-16
TEL.072-624-3977
FAX 072-624-3877

在宅福祉総合センター・いばらき

〒567-0882
大阪府茨木市元町4-16
TEL.072-631-5771
FAX 072-624-3877

茨木診療所指定居宅介護支援事業所

TEL.072-646-6262
FAX 072-631-5786

茨木訪問看護ステーション「さくら」

TEL.072-631-5771
FAX 072-624-7256

携帯用ホームページ

http://ibaraki-clinic.com/i/

個人情報保護について