本文へスキップ

茨木市元町のクリニック。茨木診療所です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-624-3977

〒567-0882 大阪府茨木市元町4-16

ドクター安達のおたよりSeries

『ドクター安達の平和旅行記』

民医連沖縄平和ツアー


私の3回目となる大阪民医連平和ツアーに行ってきました。今回は沖縄本島です。

大阪民医連は、毎年、平和や民主主義について考える平和ツアーを行っています。  

今年で8回目(?)になる企画で、私はこのツアーには3回目の参加になります。
2008年度の韓国、2010年度の中国、そして今年度の沖縄です。

今、日本は今後の進路を大きく左右する4つの問題に直面しています。
東日本大震災からの復興と脱原発問題、普天間と辺野古をめぐる米軍基地問題、TPP参加問題、そして消費税増税です。  

平和運動に自ら取りくみ始めた一人ですが、沖縄についてはまだ平和の問題で訪れたことがなかったので、この平和ツアーにはぜひとも参加したいと思いました。  

全日本民医連は、2~3ケ月に1回、辺野古支援活動を実施しています。
多くの人が辺野古を訪れ、この間題に取り組む本土の人を増やしていって欲しいと思います。

今回の沖縄平和ツアー

1日目がひめゆり学徒が体験した陸軍病院跡をたどりながら、沖縄戦について学ぶ、  

2日目が米軍基地を訪れ、現地の人と交流し、米軍基地撤去の運動と私たちがすべきことについて学ぶ、

3日目は沖縄の自然を満喫する、という企画でした。  

百聞は一見に如かず、現地に行ってその空気を肌で感じることは、今後の運動のモチヴェーションアップになりました。

米軍基地撤去

野田首相が2月26日・27日と沖縄入りし、米軍再編問題について仲井真知事にアメリカのロードマップに則った政府見解を押付けようとしています。
沖縄と連帯して、米軍基地撤去の運動に粘り強く取りくんでいかなければならないと、新たな決意をしています。

私が社会保障や平和運動に 自らとりくみ始めたのは

小泉構造改革の中で医療崩壊が進むにつれ、現場の医師が声をあげなければ変わらないと奮い立ち、社会保障の運動に取り組む。  

また、安倍内閣のときには戦争をする国になるという危険な動きの中で、反核平和運動にも積極的に関わるようになる。  

現在、大阪民医連社会保障平和委員会委員長。
アメリカ、フランス、ドイツ、キューバ、中国、韓国などを訪問、国際的な草の根交流を進めながら、社会保障・平和の問題で日本の進むべき道を探る。

所長紹介
・2008年4月茨木診療所所長に
・日本小児科学会専門医、日本家庭医療学会、日本アレルギー学会所属
・地域医療、家庭医療に意欲を燃やす
・1983年大阪大学医学部卒業
・大阪民医連理事、社会保障平和委員長

茨木診療所 所長
安達 克郎


茨木診療所

〒567-0882
大阪府茨木市元町4-16
TEL.072-624-3977
FAX 072-624-3877

在宅福祉総合センター・いばらき

〒567-0882
大阪府茨木市元町4-16
TEL.072-631-5771
FAX 072-624-3877

茨木診療所指定居宅介護支援事業所

TEL.072-646-6262
FAX 072-631-5786

茨木訪問看護ステーション「さくら」

TEL.072-631-5771
FAX 072-624-7256

携帯用ホームページ

http://ibaraki-clinic.com/i/

個人情報保護について