本文へスキップ

茨木市元町のクリニック。茨木診療所です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-624-3977

〒567-0882 大阪府茨木市元町4-16

ドクター安達のおたよりSeries

『ドクター安達の沖縄平和ツアー報告(3)』

2日目は、米軍基地2ヶ所と辺野古を見学。

普天間飛行場


普天間飛行場は宜野湾市の中央に位置し、宜野湾市面積の24.4%、市の発展の最大の障害となっている。

駐留部隊は海兵隊第36海兵航空軍で、ヘリ部隊が中心。イラク、アフガンにたくさん出撃した。  

1996年SACO(沖縄に関する日米特別行動委員会)で全面返還を合意し、2005年大浦湾(辺野古)一帯の代替施設設置で合意したが、県内移設反対の県民世論で思うように進んでいない。

嘉手納空軍基地

嘉手納飛行場は、約3700mの滑走路2本を有し、100機近くの軍用機が常駐する極東最大の空軍基地。  

基地の主力は1機125億円といわれるF15戦闘機。
軍人・軍属とその家族が暮らし、贅沢な諸施設が完備ている。
劣化ウラン弾40万発貯蔵していてイラクで使用、核兵器貯蔵疑惑もあった。
この大きな飛行場を見ると、まさに米軍の最前線基地が日本にあることを思い知らされる。

辺野古・テント村

「ヘリ基地反対協」の小屋の前を通って辺野古海岸、キャンプシュワブの海兵隊との隔壁へ。
金網には多くの激励の寄せ書きが張られている。
ここでボーリング調査阻止などの海上闘争が激しく闘われた。テント村に回り篠原さんから説明を受ける。


県民の80%が辺野古移転に反対しているとのこと。
名護市は、400億円の補助があるのに、失業率も悪化し、生活保護世帯も増大している。  

大きな建物はいっぱい建ったが、住民の暮らしはよくなっていない。  
今は保守陣営からも、基地返還で経済や雇用が増大するという声が上がっている。  
普天間・辺野古など米軍基地の問題は、沖縄だけでなく、日本全体の問題。
本土の人間がこの認識を広げていくことが大変重要です、と強調された。  

今年5月15日で沖縄本土復帰40年。
仲井真沖縄県知事は、記念式典で「普天間飛行場の県外への移設と早期返還を県民は強く希望している」と表明。  

日米軍事同盟にあくまでこだわる日米政府に対して、我々国民は非同盟の道を求める声を高めていかなければならない。


健康ひと口メモ

笑顔の効果

健康

笑う円に福来る  

顔の表情を作る筋肉を『表情筋』と言います。
目や頬、口の周りに20種類以上。
笑顔には表情筋を鍛え、健康を促進する5つの効果があります。

笑顔には5つの効果が

◎免役力を高める(体か丈夫になる)
◎自律神経を整える(心身が快調になる)
◎顔の筋肉がほぐれ、頭がすっきりする
◎血行が良くなる
◎毛穴の汚れがとれやすくなり、肌荒れが解消する

笑顔体操

①5秒間、口を大きくあける
②5秒間、口角を上にくくっと引き上げる。
そのまま5秒間キープする
③顔の部位を鼻の辺りに集めるようにして目を閉じて顔をすぼめる
④目を開けて、口の中に空気を入れ、顔全体の筋肉を伸ばすイメージでふくらます
⑤左石の顔に交互に8回ずつ、空気を入れて、顔を膨らませる

茨木診療所 所長
安達 克郎


茨木診療所

〒567-0882
大阪府茨木市元町4-16
TEL.072-624-3977
FAX 072-624-3877

在宅福祉総合センター・いばらき

〒567-0882
大阪府茨木市元町4-16
TEL.072-631-5771
FAX 072-624-3877

茨木診療所指定居宅介護支援事業所

TEL.072-646-6262
FAX 072-631-5786

茨木訪問看護ステーション「さくら」

TEL.072-631-5771
FAX 072-624-7256

携帯用ホームページ

http://ibaraki-clinic.com/i/

個人情報保護について