本文へスキップ

茨木市元町のクリニック。茨木診療所です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-624-3977

〒567-0882 大阪府茨木市元町4-16

ドクター安達のおたよりSeries

いのち奪う暴走政治にストップを!

2・15近畿総決起集会に参加して

毎年この時期に近畿2府4県の保険医協会・民医連・社保協・年金者組合が主催して開かれる近畿総決起集会に参加しました。
数年前に私もリレートークで発言したことがある集会です。
当日の会場は御堂会館、900名収容できる大ホールの会場はほぼ満員でした。

■ 大阪保険医協会の安田雅章医師が基調報告

実行委員会を代表して、大阪保険医協会の安田雅章医師が基調報告されました。

『昨年12月特定秘密保護法の成立の陰で、「社会保障制度改革プログラム法j が成立し、患者・国民負担増と給付削減の影響がこの5年間で3兆円を越えるものであることが国会で明らかにされました。

 今、日本はとても危ない方向に向かっています。
次々と国民の暮らしを追い込み、戦争する国づくりが進められようとし、まさに国民不在の暴走政治と言って過言ではありません。
私たちは、社会保障を充実させて、憲法25条に基づいた生存権を保障することを求め、大きな運動の波を起こしましょう』。

■ 神戸女学院御堂筋分校石川康宏ゼミナール

神戸女学院の石川康宏教授が御堂筋にやってきて、5人の聴講生を前に公開ゼミをするという一工夫こらした形式で学びました 。

社会保障プログラム法案の成立で、医療・介護・年金・保育の改悪が強行されようとしています。
この20年間主要先進国の賃金は130~180%上がっているのに、日本だけが89.5%に下がっています。

国が赤字だというが、それは大企業と大金持ちに減税をしているから税収が減り赤字になっているのに、その穴埋めを消費税で賄おうというのが政府の考えです。
アベノミックスとは、安倍内閣の経済政策ですが、大企業が儲かれば今に下々にもという古いトリクルダウンの主張だけ。
そもそもアベノミックスの司令塔は経団連という財界人だらけ。



 大企業がどのように儲けるかということを考えている。
TPPしかり参加国の国民の暮らしに直結する制度を多国籍企業の利益のために開放するものです。
最後に、昨年度から石川ゼミは原発問題に取り組み被災地の訪問を含め勉強してきたが、ゼミの学生は、原発は即廃炉、生活・復興最優先、汚染水問題は国が取り組め、自然エネルギーの比重を高めなければならないという結論に達したと報告。

日本は、現在の電力供給力2億キロワットだが、環境省の調査からも約10倍の20億キロワットの自然エネルギーの潜在量があるとのこと。

そして、一般にはあまり報道されなかったが、電力買い取り制度の実施で13年10月までに建設認定を受けた太陽光発電施設は原発24基分の約2500万キロワット、しかし実際に発電が始まったのは原発6基分だけ。政府の原発再稼働に向けた策略が垣間見える。
石川教授は、安倍政権はいまだ一定程度の支持を受けているが、それも今年の4月までと強調。
消費税増税で暮らしは悪くなるは、オパマ訪日で歴史問題で詰められるは、で窮地に立たされるだろうとのこと。

■ リレートーク、小雨降る御堂筋デモでアピール

この後、消費者団体、難病連、生活と健康を守る会、保険医協会、年金者組合から報告があり、集会アピールを採択して、小雨降る御堂筋をパレードしました。


健康ひと口メモ

糖分を摂り過ぎると老化のスピードが早まる

健康

 私たちの体にはエネルギーを作りだす機能が二種類備わっている。

一つは酸素を使わないで血中のブドウ糖を分解して瞬時に作り出す機能。
瞬発力が得られる。若い人はこの糖分系のエネルギーを多く使う。
 だから若い時は糖分の多い炭水化物を食べる必要がある。

もう一つは、呼吸で得た酸素を使って細胞内のミトコンドリアが効率よく(持久力として使える)エネルギーを作り出している。
ミトコンドリアは独自のDNAを持ってていて、代謝や老化のスピードにも深い関係がある。

その細胞がどれだけ工ネルギー代謝を行うかによってミトコンドリアの数が異なる。
脳や肝臓など重要な臓器の細胞には、数百ものミトコンドリアが存在する。
歳をとってもいつまでも健康で若々しい人は、ミトコンドルリアの数が多く、働きが活発である。
しかし、糖分過剰摂取の生活を続けていると、ミトコンドリアの数が減り、働きが弱くなり、うまく作動しなくなる。

老化防止や若返り機能、遺伝子修復作業とか、体が本来持っている若返りシステムが十分回らなくなる。熟睡できず朝になっても何となく体がだるい。
根気が無くなる。
老化の速度が早まる。

茨木診療所 所長
安達 克郎


茨木診療所

〒567-0882
大阪府茨木市元町4-16
TEL.072-624-3977
FAX 072-624-3877

在宅福祉総合センター・いばらき

〒567-0882
大阪府茨木市元町4-16
TEL.072-631-5771
FAX 072-624-3877

茨木診療所指定居宅介護支援事業所

TEL.072-646-6262
FAX 072-631-5786

茨木訪問看護ステーション「さくら」

TEL.072-631-5771
FAX 072-624-7256

携帯用ホームページ

http://ibaraki-clinic.com/i/

個人情報保護について