本文へスキップ

茨木市元町のクリニック。茨木診療所です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-624-3977

〒567-0882 大阪府茨木市元町4-16

ドクター安達のおたよりSeries

認知症への対処

(1)認知症とは、認知症の早期発見

認知症の方を支える地域ネットワークづくりが進んでいます。
認知症への対処を考えるためにこのコーナーで何回かに分けて取り上げます。

■ 認知症とは?

脳細胞が何らかの原因で死滅していく結果、自立して日常生活を送ることができなくなった状態を「認知症」といいます。
認知症は、多い順に
①アルツハイマー型認知症
②脳血管型認知症
③レビー小体型認知症
④前頭側頭型認知症の4タイプがあります。

■ 中核症状と周辺症状

老化の物忘れと認知症の物忘れの遣いは?

認知症の症状は、中核症状周辺症状に大きく2つに分けられています。
中核症状は、①記憶の障害、②判断力の障害、③目常生活の支障の3つです。

①記憶の障害では、つい最近の出来事を覚えておくことができなくなります(短期記憶の障害)。
普通の老化の物忘れでは、昨日夕食を食べたことは覚えているが、何を食べたかはすぐには思い出せないという具合ですが、認知症の場合は夕食を食べたこと自体を覚えていないのです。
だからさっき食べたのに「食事はまだか」など言ったりします。

②判断力の障害では、時間→場所→人物の順にわからなくなっていきます。
今日は何日?ここはどこ?あなたは誰?あーどうしよう困ったという具合です。

③日常生活の支障では、テレビのリモコンがうまく使えない、料理をしていて次に何をしていいかわからない、言われていることが分からない、お金の計算ができない、というような障害がでできます。

周辺症状は、認知症になったために感情のコントロールができなくなったり、これまで出来ていたことができなくなっていく為に、ストレスの多い状態に陥り、自己の尊厳を守るため生じる症状と考えられています。
俳個、幻覚、妄想、拒否、睡眠障害、不安、暴力・暴雷、抑うつ症状などの症状があらわれます。

■ 認知症の早期発見

認知症に関する治療法、ケアの方法、社会制度などは以前に比べるととても進歩しています。
下記の物忘れチェックシートなども参考にして、認知症の早期発見、早期対応されることをお勧めします。

■ 物忘れチェックシート

これは、ご家族のための認知症を疑うチェックリストです。
現在の生活と1年前の状態を比べた高齢者の様予について「変わらない」 (2点)、「多少悪くなった」(1点)、「とても悪くなった」 (0点)の3段階で、それぞれの項目の数字に○をつけてください。
全項目38点満点中24点以下である、と認知症の疑いがあります。

NO 項目 点数 点数 点数
1 曜日や月がわかるか? 2 1 0
2 前と同じように道がわかるか? 2 1 0
3 住所や電話番号がわかるか? 2 1 0
4 物といつもしまわれている場所がわかるか? 2 1 0
5 物がいつもの場所にない時、見つけることができるか? 2 1 0
6 いつものように家事ができるか? 2 1 0
7 自分で状況にあった着衣や更衣ができるか? 2 1 0
8 買い物時、お金をきっちり払えるか? 2 1 0
9 行動が不活発になったか? 2 1 0
10 本の内容やテレビの筋がわかるか? 2 1 0
11 手紙をかけるか? 2 1 0
12 数日前の会話を思い出して自分から言うことができるか? 2 1 0
13 数日前の会話の内容を思い出させようとしても難しいか? 2 1 0
14 会話の途中で言いたいことを忘れることはないか? 2 1 0
15 会話の途中で適切な言葉が出てこないことはないか? 2 1 0
16 よく知っている人の顔がわかるか? 2 1 0
17 よく知っている人の名前を覚えているか? 2 1 0
18 その人たちがどこに住んでいるかや仕事などがわかるか? 2 1 0
19 最近のことを忘れっぽくなったか? 2 1 0

健康ひと口メモ

ガンにならない体

「がんの9割は、糖尿病と同じで、食事を主な原因とした生活習慣病です。」と、約二千例のガン手術を行ってきた済陽(わたよう)医師が、ガンにならない体づくりを勧めています。

健康

ガンにならない体を作る食事法を提案しています。

【その柱は3つ】
①牛肉、豚肉を食べるのは週1~2回にする。
②濃い味付け、特に塩分を控える。
③新鮮な野菜、果物をどっさり摂る。

私たちの体の中では毎日5000個ものガン細胞が生まれます。
必ずしもガンにならないのは、免疫力が正常に働くからです。
がん細胞を芽のうちに摘み取ってくれるからです。

しかし、体の機能が衰え、免疫力が低下すると、体は一気にガンになりやすい体に変わります。
その兆候の一つが中年太りです。

肥満は低体温をまねき、免疫力を低下させます。
ガン細胞が育ちやすい絶好の体内環境となります。
ガン細胞が最も増殖する体温が35℃です。

人間の体には病気にならないための機能が備わっています。
食事だけでなく、睡眠・呼吸・運動といったガン予防生活を始めれば、3ヶ月も経てば、ガン予防の最強の免疫力が体に育ちます 。

茨木診療所 所長
安達 克郎


茨木診療所

〒567-0882
大阪府茨木市元町4-16
TEL.072-624-3977
FAX 072-624-3877

在宅福祉総合センター・いばらき

〒567-0882
大阪府茨木市元町4-16
TEL.072-631-5771
FAX 072-624-3877

茨木診療所指定居宅介護支援事業所

TEL.072-646-6262
FAX 072-631-5786

茨木訪問看護ステーション「さくら」

TEL.072-631-5771
FAX 072-624-7256

携帯用ホームページ

http://ibaraki-clinic.com/i/

個人情報保護について