本文へスキップ

茨木市元町のクリニック。茨木診療所です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-624-3977

〒567-0882 大阪府茨木市元町4-16

ドクター安達のおたよりSeries

認知症への対処

(2)認知症の4つのタイプ、認知症の診断

認知症の方を支える地域ネットワークづくりが進んでいます。
認知症への対処を考えるためにこのコーナーで何回かに分けて取り上げます。

■ 認知症の4つのタイプ

認知症は、多い順に

①アルツハイマー型認知症
② 脳血管型認知症
③レビー小体型認知症
④前頭側頭型認知症の4タイプがあります。

脳のどの位置が侵されるかによって、その症状の現れ方、進行速度、治療薬が少し異なるので説明しておきます。

①アルツハイマー型認知症

脳の中に異常な蛋白(アミロイドβ蛋白とタウ蛋白)が溜まり、脳の神経細胞が徐々に減っていくために起こります。
画像検査(頭部MRI)では、側頭葉内側部にある 海馬、海馬傍回、扁桃体など、記憶をつかさどる部位の 萎縮が目立ちます。
したがって、最も目立つ症状は物忘れです。物をどこに置いたか思い出せない、最近あったことを思い出せない、約束を忘れるなどです。
古い過去の記憶は比較的保たれます。
病気の進行に伴い、時間、場所、人物の順に分からなくなっていきます。

②脳血管型認知症

脳出血や脳梗塞により、脳の神経細胞が障害されたときに起こります。
障害された部位によって、手足のまひ、言葉の障害、飲み込みの障害、感覚障害などの神経症状が起きます。
それらが、認知機能にも障害を与えます。
画像検査(MRI)検査で障害された部位がわかります。
認知症状は脳梗塞や脳出血が起こるたびに階段状に症状が進行するのが特徴です。
細い血管が少しずつ詰まるタイプの脳梗塞では緩やかな進行をたどることがあります。

③レビー小体型認知症

脳の広い範囲にレビー小体という異常な蛋白が溜り、脳の神経細胞が障害されます。
1990年代後半に広く知られるようになった比較的新しい病気です。
アルツハイマー型認知症とは少し違った症状の出方をします。

3徴と呼ばれる、
①認知機能の変動(いい時と悪い時の差が目立つ)
②繰り返し出現する幻視(いないものが見える)
③パーキンソン症状(運動がぎこちなくなる、手が震える、体の筋肉や表情が硬くなる)
の3つの症状が出現するのが特徴です。

アルツハイマー型に比べ物忘れの症状は軽度です。

④前頭側頭葉型認知症

前頭葉と側頭葉の神経細胞が少しずつ壊れていくタイプの認知症です。
初めに現れる症状は、他人に配慮することができないとか、周りの状況に関わらず自分が思った通りに行動してしまう、といった性格変化や行動異常です。
他の認知症に比べ若年で発症します。

■ 認知症の診断

認知症かなと思ったら、スクリーニング検査として長谷川スケールがよく利用されます。
30点満点の20点以下で、 認知症の疑いが強くなります。(長谷川スケールは茨木診療所で検査できます)
認知症の正確な診断と治療方針を決めるためには、専門医の受診をお勧めしています。
専門医へは大体3回の受診が必要になります。
1回目は詳しい問診と診察、2回目は画像検査、3回目はその結果から治療方針(治療薬を決める、認知症患者さんへの対応の仕方の指導)について説明を受けます。
症状が安定してきたら、専門医と連携しながら、投薬等はまた茨木診療所で行っています。

脳組織(前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉)の主な動き

健康

茨木診療所 所長
安達 克郎


茨木診療所

〒567-0882
大阪府茨木市元町4-16
TEL.072-624-3977
FAX 072-624-3877

在宅福祉総合センター・いばらき

〒567-0882
大阪府茨木市元町4-16
TEL.072-631-5771
FAX 072-624-3877

茨木診療所指定居宅介護支援事業所

TEL.072-646-6262
FAX 072-631-5786

茨木訪問看護ステーション「さくら」

TEL.072-631-5771
FAX 072-624-7256

携帯用ホームページ

http://ibaraki-clinic.com/i/

個人情報保護について